一人暮らしの引っ越しの際の注意点

一人暮らしの引っ越しはいくつか気を付ける点があります。新居を決めるところから荷ほどき、水道や電気の契約まで自分で行わなければならないことが多いので予定を計画的に立てていくことが大切です。荷物量が少なく済みそうであれば早いうちに荷造りを始めておけば荷造り不要の割安な業者を選ぶことができます。自家用車やレンタカーを使って移動するのであれば業者に依頼しなくても済むためさらにコストを下げることができます。家電や大きな家具は費用がかさむ要因になりかねないため、必要最低限のものにするか、処分してしまって現地で新しい物を購入する方がコストを抑えることができます。家電量販店やネットショップで注文した場合、新居に配送してもらうと便利ですが受け取り日が入居日以降になるよう注意が必要です。

荷物量を減らすことがコストダウンの鍵です

一人暮らしの引っ越しはそれ以外の引っ越しと大きく異なる点があります。それは荷物の量です。部屋数や収納が少ないことが多いので、持っていく荷物は最低限に絞るべきです。必要になったらまた買うくらいのつもりで、要るかどうか微妙なラインの物は捨てていかないと荷物が入りきらなくなります。こうして絞った荷物量だと、普通に業者に依頼するよりも単身パックなど荷物量が少ない分割安なプランも利用できるようになります。また、実家を出て一人暮らしをする場合、家具や家電を新しく購入する必要があります。この場合は家電量販店やホームセンターなどから新居へ配送してもらうよう手配すると便利ですが、受け取り日を鍵渡しより後でなおかつ生活に支障が出ない日にするよう考える必要があります。

新居の寸法を把握しておけば家電や家具の失敗が減ります

引っ越しの費用は基本的に移動距離と荷物量に比例して上がります。遠くへ移動するのはどうしようもないとして、荷物量を減らす努力は距離に関わらず必須です。遠くへ引っ越すのであれば、家具や家電は今ある物を処分して現地で購入した方が安く済む可能性があるのでよく比較することが大切です。一人暮らしの部屋はキッチンやリビング、洗面所などのサイズがばらばらなので、今使っている家具や家電がそのまま使えるサイズとは限りません。新居のあらゆる箇所の寸法を測り、失敗の無いようにしましょう。荷物量が少ない場合は業者に依頼せず自力で行うこともできます。ダンボールなどの梱包資材も自分で調達し、荷物が運べる車をレンタルすればより安く済ませることができます。ライフラインやインターネットの契約も全て自分で行う必要があるため、計画的に進めていく必要があります。

メールでのお問い合わせは24時間受付できます。 関西一円・関東1都3県を中心に引越を行います。 お荷物は家具・家電1個からお受けできます。 引越お見積りは24時間HPにて自動お見積り対応可能です。 引越実績は10年になります。1人暮らしの女性限定サービスとして、荷造り用品を無料で提供しています。 HPからだけでなく、ご希望の方には訪問見積りも行っております。 一人暮らしの引っ越し激安引越し業者の人力引越社