格安で済ませる一人暮らしの引っ越し方法

急に引っ越しをしなくてはならなくなったりすると、予算をあまりかけられないことがあります。特に一人暮らしだと、そうしたケースは多いです。大手の引っ越し業者のサイトを見ると、どれも万単位の費用が必要になることが分かります。通常期か繁忙期かでも費用は変わりますし、荷物の量や距離でも変化します。多くの業者で、一人暮らしをしている人向けに「単身向けパック」や「単身プラン」と呼ばれるプランを用意しています。他の依頼者と荷物を一緒に運ぶことで、料金を格安に抑えることができます。ところが、大手の業者以外にも目を向けてみると、もっと安い価格で済ませられることは多いです。例えば、東京都内であれば、2万円もあればお釣りがくることもありえます。要するに、事前のリサーチによって、費用に大きく差が出ます。

無料の見積もり依頼を出すと予想外の結果になることも?

東京都のような都会であれば、ネット検索をしてみると実に多くの会社が存在していることが分かります。インターネット経由で、それらの会社に無料で見積もり依頼を出すことが可能です。ポイントは、大手だからと見積もりを出してもらう候補を絞り過ぎないことです。大手の方が作業は丁寧だったり、荷物に傷がつかなかったり、万が一の際の保障がしっかりしていたりします。利用者としてはありがたい話ですが、その一方で、きめ細やかなサービスを提供してくれるため、料金が割高な傾向にあります。中小零細の業者でも、評判のよい会社は多くあります。そうした会社へ見積もり依頼を出してみるのがお勧めです。どこの会社も見積もりだけなら無料で受け付けてくれますし、複数の見積もりを出してみると費用に差があることが分かります。

不必要なサービスを利用しないことで格安で済ませられる!

そもそも一人暮らしであれば、荷物の少ない人は多いはずです。ならば、自分で梱包を行なってしまい、荷物の配送だけを業者に依頼してもいいはずです。そうすると、かなり料金を低く抑えることができます。梱包で必要なダンボールは近所のスーパーやデパートに行けば、もらうことができます。荷物の中にガラス製品や電子機器が含まれていることがあります。そうした場合でも、新聞紙やタオルなどを緩衝材として活用することが可能です。どうしても破損や傷が心配であれば、それらだけバッグにまとめて自分で引っ越し先まで持っていくという方法もあります。こうした一工夫をすることで、余計なサービスを利用せずに済み、その結果、低価格で抑えることができます。諸々のサービスがセットになったプランと比較して、引っ越しのみであれば半分程度の価格に抑えることも可能です。