様々あります一人暮らしの引っ越し方法

一人暮らし世帯の割合が増加しています。かつては地方から引っ越してきた学生や若手の社会人が行うイメージがありましたが、生涯未婚率の上昇などから、ある程度年齢を重ねた方が一人で生活していることも珍しくなくなりました。世帯が増えるということは、引っ越しの機会も多くなるということです。業者の中には単身パックと銘打ち、お得な料金プランを展開しているところもあります。もちろん専門業者を利用するのが最も一般的な方法ではありますが、荷物の絶対量が少ないことから、様々な方法があります。いかに人員を少なくするかで発生するコストが変わってくるものです。特に若い方は大型の家具を自分でどれだけ運べるかで大幅にお得になります。無理をし過ぎない程度に頑張る価値があります。

運転ができる方はレンタカーを賢く利用する

レンタカーショップでは、乗用車だけでなく、商用ワゴンのレンタルを行っています。もちろん2トントラックを使用すれば余裕を持って荷物を積めますが、一人暮らしであればロングタイプのワゴン車で十分でしょう。家電についても単身者用の製品はそれほど大きくなく、洗濯機や冷蔵庫以外は一人で運ぶことは簡単にできます。しかし一人で持てないものもありますので、助け舟の存在が必要になるでしょう。友人や同僚に頼むのも良いですし、便利屋に依頼することもできます。ただし便利屋への依頼は運転NGであることが殆どですので、全行程を自分で運転する準備はしておきましょう。長距離の移動が発生する場合は引っ越し先で依頼することになります。レンタカー費用と、数時間の人件費だけになり、驚くほど安い金額で終わります。

一流の業者によるサービスを堪能するのも良いでしょう

一人暮らしは荷物が少ないことから、同一府県内であれば、料金が比較的高い業者を利用しても5万円ほどで済むでしょう。極端に荷物が多い場合はそれ以上の費用がかかるかもしれませんが、一流の業者ならではの行き届いたサービスを堪能できます。まず、作業員を二人使用することができます。つまり家具や家電を運ぶ時も自分で持つ必要はなく、ひたすら指示を出していくだけで済みます。プライバシーを守る点から自分で行う人が多いですが、荷物の梱包についても業者の作業員が代行してくれるサービスがあります。とにかく全てにおいて自らの手を下さずに作業が進んで行きます。一人暮らしを始める時の経済状態は様々ですが、せっかくの新しい生活のスタートですから、引っ越しも楽しむ気持ちを持っておきたいものですね。