荷物の少ない一人暮らしの引っ越し情報

家族で引っ越しをするとなれば、たくさんの荷物があることから業者に依頼する方法しか選択肢がなくなってしまいますが、一人暮らしの場合であれば荷物の量が少ないこともあって高額な出費となってしまうことがあります。荷物の量によってもトラックの大きさに違いが出ることから料金が変わることになりますが、小さなトラックであっても自分のために一台のトラックに自宅まで来てもらうこととなり、ドライバーや荷物の運び出しのスタッフの人件費も必要になってきます。荷物が少ない一人暮らしの人の場合には、業者に頼む以外にも安く済ませることができる方法があります。予算を抑えることができた分だけ敷金や礼金に回すことができ、新居で必要なものを購入する資金の足しにすることもできます。

宅配便を利用して安く済ませる方法

就職や学校に通うために実家から出て一人暮らしを始めるという場合には、たった一人であってもそこで生活をするために冷蔵庫や洗濯機、掃除機など一通りの家電製品が必要になってきます。まだこれらの大きな家電製品を購入していないのであれば、荷物は段ボールに入る程度の大きさの物だけということもあり、この場合には宅配便を利用してみるといいでしょう。引っ越し業者の中には宅配便事業も行っていることがあり、そうなれば手頃な料金で利用することができるケースもあります。新居に行ってから家電製品を購入すれば、実家から持ち出すものの量は少ないので十分間に合います。ただし、ダンボールで10個以上の荷物の量になれば業者の単身パックを利用した方が安いくなるケースもあるので、見積もりをもらって比較してみるといいでしょう。

レンタカーを借りて自分で行う方法

最も安く済ませることができる引っ越しの方法として、レンタカーを利用するという方法があります。実家には大きな車があるという家庭であれば、家族に手伝ってもらって荷物を運ぶことができますが、大きな家電製品になればワンボックスカーでも車に入らないことがあります。レンタカーであれば豊富な車種が揃っているので、荷物の量が少ない一人暮らしの引っ越しであれば軽トラックが向いています。軽トラックは、軽自動車になるのでコンパクトで普段運転をしない人でも運転がしやすく、後ろに荷台には思っていた以上の荷物を載せることができます。また、軽自動車では乗り切らない量であれば普通自動車免許で運転ができる小型トラックもあるので、荷物の量に合わせて車種を選択することができます。